脇の黒ずみの原因は生活習慣にあった

みなさんは、自分の脇を気にしたことがありますか?
気がついたら自分の脇に黒ずみができていた!なんてこと、あるのでは?

私もかつては脇に黒ずみがあって困っていました。でも、生活習慣をちょっと見なおしただけで、どんどん治っていったのです。
では脇の黒ずみを治すにあたって気をつけていきたいことをご紹介します。

【その1】間違った自己処理をしない

脇の毛をカミソリで処理したりしていませんか?実はカミソリはとても便利にみえますが、刃は毛だけでなく、皮膚も削り取っていたのです。
つまり、カミソリで剃るのは、NGということなんですね。

解決策としては、脱毛するか、電動カミソリで剃ることです。
最近の電動カミソリは肌を切ることなく、毛だけを刈り取るので、安全でキレイに剃れるのです。

また、体を洗う際に、脇の黒ずみを落とそうとゴシゴシこすってはいませんか。
こすっているとこれも肌にダメージを与えてしまいます。
なるべく泡立てて、やさしく手や自然素材のタオルで洗うようにしましょう。

【その2】ターンオーバーを促す生活をする。

ターンオーバーを正常化させることによって、皮膚の再生を助けることができます。
健康な肌は28日周期で新しい皮膚に生まれ変わります。古い角質はターンオーバーでアカとして落ちるので、問題ないのです。

【その3】食生活に気をつかう。

食生活にも気を使うとより良くなります。ビタミンCやビタミンEなどを含む食材を摂ることによって、コラーゲンの生成量が増えます。